上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.02 地球へ...
シロエ死亡。

アイデンティティの根本が社会制度と真っ向から対立してしまったために、
「生きる」ためにどんどん死に接近せざるを得なかったシロエ。

大人になると忘れてしまうこと、忘れないと生きていけないこと。
それを失うまいとしがみつき、精一杯抗い、そして必然的に抹殺されてしまったシロエ。

大好きなピーターパンの物語を暗唱しながら....

破滅は必然だったとはいえ、切ないですね。

今日の地球へも出来が良かったと思います。
スポンサーサイト
2007.05.26 地球へ
ウルトラマンがない今日この頃、
「地球へ」の土曜日の本放送を前に、貯まっていた録画をみた。
教育ステーション篇だけど、悪くない。

空気感、台詞の背後にある心の動きを控えめに丁寧に書いている印象。
見入ってしまう。

ただ、キースの作画が....もうちょっと目の辺りの表情を強くかけないものか?
クールな雰囲気を出そうとしているのだろうが、ときどき絵から図になっているような...
目が細いので、只でさえシロエに喰われそう。

でも、それ以外は基本的にはよしとしたい。
2007.04.23 地球へ...
地球へ...2,3話を見ました。

ほぼ原作通りで懐かしいです。
演出的には静かな緊迫感とでも言うべきテンションが感じられて引き込まれてしまいます。

人物の動きや絵の出来はあまり上手いとは思えませんでしたが、
表情と声優さんの演技で感情は伝わってきました。
また、CGの機体はデザインも面白くいいと思います。

そして美しいのは色使い。
夜の空、水、ミュウの船の内部。
ブルーを基調とした色構成は静謐で奥に秘められた思念を感じさせて象徴的に思えました。

次回にも期待。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。