上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.30 都合により
都合により

1月くらい(?)更新できないかもしれません。
悪しからず。
スポンサーサイト
「毒蛾のプログラム」みました

う~ん。評価がまっぷたつに分かれそうなエピソードでした。

不愉快になった方には申し訳ありませんが、
私はたまにはこういうのも好きです。

もう、異次元物理学者/藤沢博士のインパクト強烈。あはは。
型破りで奔放で天才的。その辺がジョージの個性と共振するんですかね。

けい姫、最高(笑)
ティガのシンジョウ・マユミ(明るい時)を少し思い出してしまいました。
でも、お芝居は上手くなってますね。

また、出て欲しいものです。
今日のメビウスはヤプール登場。

相変わらず侵略そのものより、
ウルトラマンを屈服させることに執念を燃やす存在。

今回も人間関係や信頼関係を破壊しようとしていました。

このあたりが「怨念」に凝り固まったヤプールらしい。

冒頭でリュウが「いいチームになったよな」といって
ミライが感動の涙を滝のように流していましたが(笑)、
これからのヤプール超獣篇では、
そういう心の拠り所となるもののを脅かす話が増えてくる予感。

それがどんなドラマを生むかが楽しみ。

来週は異次元物理学者役で石橋けいさんが登場。
それも別の意味で楽しみ。でも、コメディ?
映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」を見てきました。

ドラマ部分は最小限で全編バトル満載でしたが
それでもメッセージがストレートに伝わってくる作品でした。

小さい頃はウルトラ兄弟の客演に興奮し、
そして、ちょっと大きくなってからは逆に
安易な客寄せイベントに見えたりして敬遠したりもしましたが、
今回の作品はそんなことも感じさせず地に足がついた感じでGoodでした。

子供の頃と違って、世の中そうそう想い通りにはいかないし、
夢や希望だけでは生きられない事を知ってしまった今だけど、
それだからこそ、年老いたハヤタやダンが時を経てふたたび僕らに語る、
「どんなに頑張ろうと、届かない想いもある」
「そう落ち込むなルーキー、大切なのは最後まで諦めないことだ。」
「未来を信じる心の強さが不可能を可能にする。信じる力が勇気なる。」
という台詞が心に沁みました。

そのウルトラ4兄弟&メビウスも奮闘空しく敗北するわけですが、
それでも彼等の可能性を信じて戦う姿が、
心に傷を負っていた少年に再び勇気の灯をともすことになる。

そして、そのことが敗北したミライを、もう一度、
しゃきっとさせて奮い立たせるくだりはちょっぴり感動的。

つらく絶望的な気持ちのなかからでも、
もう一度、再生してゆく勇気をストレートに
描いたヒーローものの王道でした。

いや、まあ、ウルトラに憧れも興味も持ったことない人には
おすすめはしませんけど。

追伸:
エンディングは途中で退席せずに最後まで見ることを奨めます。

それ以外の特撮的見所:
 開港前の神戸空港に着陸するガンウインガーの映像がリアル。
 神戸上空を飛翔するテンペラーの飛び方が実にそれっぽい。
 板野サーカスでのウルトラ兄弟の高速空中戦。
 (でも、マクロスには対応できていた自分の動体視力が、もはや衰えていたのはショック)
など。
メビウス「時の海鳴り」を見ました。

満足!(^^)

楽しみにしていたかいがありました。
実に太田脚本らしいお話でした。
アベユーイチ監督の映像も繊細で、太田脚本とあわせていい出来だったと思います。

ネクサス35,36話以来のアベ・太田コンビだったけど、今回も GJ!

でも、だんだん太田脚本に慣れてきたかも。(<贅沢)
... 続きを読む
え~と、
十年前の1996年(平成8年)9月7日はウルトラマンティガの放映開始日でした。
本日でついに十周年を迎えたわけです。

VIVA,Tiga!
2006.09.02 日々の未来
メビウス「日々の未来」を見ました。

今日のエピソードは納得の出来。

なんというか
悲劇、覚悟、決断、思いやり、受け継がれる想いなどがうまく表現されていたと思います。

良いですね。
やっぱ、ウルトラマンはドラマ部分にもグッとくるものが無いといけません。

設定面では、実は第1回から隊長と総監代行にウルトラマンだということが
バレていたとは!驚いちゃいました。
でも、ただ意表をついていたというだけでなく、ちゃんとドラマに活かされていました。

まあ、でも不思議ちゃんことミライらしい展開でもありました。
助けられなかった勇敢な青年の姿を借りて、その親のところに一緒に暮らすことを提案し...しかも、断られたあげく、サコミズさんを紹介してもらっていたなんて。

だけど、レッサーボガールは....
なんだが大口といい、巨大化の仕方といい、なんだか戦隊ものみたい。
ちょっと緊迫感をそいだかも。

ま、いいか。

この水準を維持して欲しいです。正直、今までは喰い足りない話が多かったもので。
村石監督、赤星脚本ともにご苦労様でした。

さて、来週は脚本が太田愛さん3度目の登場。
女史のHPによると「久々に王道を大きくはずれたお話です。」とのことですから、
今度こそ幻想的で泣かせる話を期待したいところ。
そして、監督はアベユーイチさん(ネクサス最終回の監督)!
楽しみ!

-----
追加:重箱の隅。
変身失敗もめずらいしいですよね。

だけど、ウルトラマンエースとか、正体がばれたせいでM78に
帰ったような気がするのですが、「掟」は改正されたのだろうか?

「畳の縁は踏まない」実に教育的。
良い機会なので、この礼儀のいわれを調べてみると、2説あるようです。
1.昔、料理を運ぶときに畳のヘリにつまずいて(室町時代のころの畳は縁が分厚かったそうです)ひっくり返ったりしないように、男は3歩半、女子は4,5歩で畳を渡るように作法化されたという説。
2.畳は一つの結界を構成してて、偉い人の座る畳には、他の人は座らない。縁を踏むとその結界が乱れるという説。
ふ~ん。

だけど、ヒロトの立場だと今回の話、どう思ったのかな。
決死の覚悟→光とともにウルトラマン登場!でも、間に合わず。
ウルトラゾーンでレッサーボガールに襲われ、遺体も残さず死亡?って。


ガンフェニックスのシートのロゴが映りましたね。
RECARD。調べてみたらこれ自動車のシートのメーカ。
フェニックスのはSP-GとかSP-Aってシートじゃないかな?
http://www.auto-acp.com/images/recaro/spg2.jpg
------
追記2:
太田愛さんのHPを見たら本日、土曜日はお誕生日だったそうで。
おめでとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。