上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の方は色々あり、ひと月ぶりのご無沙汰になってしまいました。
さて、ハロウィンの夜ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

この一ヶ月の間にメビウスは怒濤の展開でしたね。
ヤプール篇はフジサワ・アサミ博士の活躍で終息し、
つづくインペライザー篇ではタロウとの共闘や
ミライの正体バレなどがありました。
正体を知ってからのメビウスとGUYSとの関係がどう描かれるのか興味津々です。

あ、あと、ウルトラマンをオープン撮影で煽りで撮ったいくつかのシーン。
いかにもそれっぽくていい絵でした。もっとやってほしい。

またネタバレですが、模型雑誌や幼年誌などの事前情報によると、
今度はレオがメビウスに空手を特訓しに現れるみたいで、
人間体であるおおとりゲンも旅の僧侶姿で出没するようです。

あと、「怪獣使いと少年」の後日譚である
●32話「怪獣使いの遺産」(11/11放送予定)は
監督・特技/八木毅 脚本/朱川湊人 で、
巨大魚怪獣ゾアムルチとメイツ星人ビオが登場するようです。
地球との友好関係の樹立にくる使者だそうですが、
その前に地球人に殺害された先代のメイツ星人の件について
解決する必要があるんだとか....さて、どういう展開になるのか。
(復讐が目的で来訪したわけじゃないようです。m(__)m)

というところで、興味は尽きませんが、来週のメビウスの感想はまたお休みします。
用事で出かけるもので....相済みません。休んでばかりですね。
(後日、改めて書くかもしれませんが)

さて、今日はティガの「ハロウィンの夜に」を見ることに致しましょうか....ではでは。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。