上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.26 無茶と無理
ウルトラマンダイナの名台詞の一つ「無茶かもしれないけど、無理じゃない」
なんとなく辞書を引いてみた。いや、無茶と無理のコンビネーションがツボだったからだ。

無茶
(a)道理に合わないこと。筋道の立たないこと。また、そのさま。乱暴。
(b)(悪いことの)程度がはなはだしいこと。普通でないこと。また、そのさま。
(c)知識がないこと。知らないこと。
無理
(1)道理に反すること。筋道の通らないこと。また、そのさま。
(2)行うのがむずかしい・こと(さま)。
(3)困難を承知で強引に行う・こと(さま)。

(a)+(1)=道理に合わないけど、道理には反していない。
(c)+(1)=知らねえけど、行うのは難しくない。
....
(b)+(3)=普通ではないが、困難を承知で強引に行ってはいない。
....

いろいろな可能性があるわけだが、何故か
「普通でないが、道理に反すること(不可能)ではない」と瞬時に分かってしまう。
人間って凄えなあ。
いや、まあ、それだけのことですが。
スポンサーサイト
ウルトラセブンXが正式発表されました。
円谷のHPではこちら

  • タイトル:ULTRASEVEN X
  • 放送開始日:今秋予定
  • 放送局:CBC/TBS系列
  • 放送時間や曜日については、現在最終調整中

とのこと。

また、マスコミ向けにはもう少し詳しい説明があったようで、

  • セブンの外見は、腹筋が割れ多少スリムになった(記事中に画像, 拡大画像はこちら
  • 「ウルトラアイ」を使った変身方法は踏襲
  • アイスラッガーも武器として使える。ただし名称は未定
  • 防衛組織の名前は「DEUS(デウス)」
  • 主人公は防衛隊員のジン(演:与座重理久(よざ・えりく)=25=ブログ
  • ヒロインはエレア。(演:加賀美早紀(22)ブログ2002年日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞者)

とのこと。

セブンXの画像を見ると、腹筋が割れているだけじゃなく、顔つきも厳しく怒っているよう。
何となく仁王像を思い浮かべてしまいました。

なんにせよ、秋が楽しみになりました!
2007.07.17 異常震域
新潟中越地震が大きな被害を出しているようで、被災地の皆様にはお見舞い申し上げます。

これとは別に、16日23時18分頃 京都府沖 M6.6の地震もありました。
その震度分布がこんな感じ
地図上では、なんと震源から遠い方が震度が大きい。
はじめ、自分の目を疑ってしまいましたが、これ、異常震域といってよくある現象だそうです。

今回の異常震域はプレート型のようです。日本列島は概ねユーラシアプレートの上に乗っていて、その下に太平洋から来た太平洋プレートが潜り込んでいます。だから、京都府沖の海底をどんどん地下に降りていくと、ユーラシアプレートの下には太平洋プレートの先端があります。ここが今回の震源。

地震波はそのまま太平洋プレートの中を伝わって、地上に出た所が日本列島の関東から北海道の太平洋岸だったので、ここの揺れが大きくなったということのようです。

絵で描いてあると分かりやすいので、こちらのサイトにあるこの絵を参考にされるといいかも。

ちょっと驚きました。
参院選も近いし、労働組合関係の話をするのは中立性の観点から多少抵抗がありますが、
微笑ましいのでちょっとだけ。

この記事によると情報労連が円谷とウルトラ警備隊を設立したようです。
現在、隊員数2万人だとのこと。

ULTRA GUARD -Save The Earth Project-

HPもあるけど、情報労連と縁もゆかりもない私には表紙しか見ることができません。
でも、ロゴがカッコいい。
NHK怪奇大作戦セカンドファイル(シリーズ構成:実相寺昭雄)の第1話(清水崇監督)見ました。
ドラマ的にはそこそこでしたが、雰囲気とカメラワーク、
そして牧さんの変わり者キャラが面白く最後まで興味深く見ました。

人体発火現象がああいうオチになるのも想像してませんでした。
目のつけどころも悪くなかったと思います。
次も楽しみ。

参考URL
某新聞にこんな記事が...

なにかと思ったら....

「ウルトラマン前夜祭」にはそんないきさつがあったんですね。
なんだか彼方此方で新作:「ウルトラセブンX」の噂で持ち切りですね。
1クールのミニシリーズで、1、2話は八木監督、出演者の俳優さんの名前も挙っています。
その俳優さんのブログをみると、顔面の型を取っていたり、八木監督らしき人物が写っていたり。
果たして真相は....うーん。
どうなんでしょう?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。