上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.20 ダイゴ写真集
なんと10年以上立ってティガの本が出ます。
長野博withウルトラマンティガ」だそうです。

長野博(ダイゴ隊員)とウルトラマンティガのフォトブックだとか。
まあ、昔のウルトラマンティガのムック本ではダイゴの写真少なめなのが結構ありましたからね。未公開スチールがたまってましたかね。
何にせよ。久々のティガ本です。

著者/訳者名 撮影 安達尊
出版社名 ダイヤモンド社 (ISBN:978-4-478-00557-6)
発売予定日 2008年09月04日
予定価格 1,680円(税込)



スポンサーサイト
ウルトラ怪獣が戦うゲーム「大怪獣バトル」。
これの新しいシリーズの「大怪獣バトルNEO」のストーリーモードが、ティガの世界を舞台にしている可能性が高いようです。

-----
伝説のマシン、バトルナイザー。
レイオニクスと呼ばれる特殊能力を持つ人間が手にすることにより怪獣を召還し、自由に操ることができる装置。

この装置を付けねらう宇宙人達に追われたカネゴンは、謎の異空間の入り口に迷い込み、異世界の地球に漂着する。そこで出会った1人の少年にはレイオニクスの能力が眠っていた。

カネゴンを追い、同じ世界にやってきたキリエロイドは、そこで出動してきた特捜チーム「GUTS」のGUTSウィング2号機を目にする。
そこは21世紀の地球、M78星雲のウルトラマン達の姿はなく、ウルトラマンティガとGUTSが活躍する平行世界。

つぎつぎにその世界に現れるM78世界やガイア世界の怪獣、宇宙人。
これらを迎え撃つGUTS。
そして、GUTSウィングに光が集まり、出現する巨人「ウルトラマンティガ」!

バトルナイザーで召還されたレッドキングとともにティガが戦いに備えて身構える。
----
こんな感じの予告編公式ホームページにアップされていました。

これはもう1つのティガ世界の物語なのか、それとも、TV版ティガの未だ語られていないエピソードという位置づけなのか...。

ゲームは全然やらない私ですが、このストリーはちょっと気になりますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。