上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------
Appleの取締役会は以下のようなステートメントを発表した。

誠に残念ながら、本日スティーブ・ジョブズが逝去した。

スティーブの輝かしい才能、情熱、そしてエネルギーは、われわれ全員の生活を豊かにし、改善した無数のイノベーションの源だった。世界はスティーブのおかげで計りしれないほど良くなった。

スティーブが最も愛したのは妻のローリーンと家族だった。彼の家族とそして彼の類まれな才能に感動した人たち全員に、深く同情の意を表する。
http://jp.techcrunch.com/archives/20111005statement-by-apples-board-of-directors/
------
---オバマ大統領談話------
Pres. Obama: There may be no greater tribute to Steve’s success than fact that much of world learned of his passing on a device he invented.

from CNBC

「世界の多くの人々が、彼の発明したデバイスで彼の逝去を知ることになったという事実こそが、
これ以上はないであろう彼の成功への賛辞だ。」

「妻MichelleとわたしはSteve Jobsの死去を知り悲しみを感じている。Steveは、米国の最も偉大なイノベーターのひとりだった。従来とは異なる考え方をする勇気にあふれ、世界を変えることができるという大胆な信念を抱いていた。また、それを実行するだけの才能も十分に持っていた。

 大きな成功を収めた企業Appleはガレージから活動をスタートし、彼は米国の発明精神を具現化した。コンピュータを個人の道具にし、インターネットをポケットの中に持ち込み、情報革命をアクセス性のみならず直感的で楽しいものにした。また、彼の才能は語りのすばらしさにもあり、数多くの子どもたちや大人を魅了した。Steveは、その日が最期だと思って生きているとよく言っていた。彼の偉業はわれわれの生活を変え、あらゆる産業を再定義し、そして人類の歴史においても比類なくまれな偉業をなしとげた。わたしたちそれぞれの世界の見方を変えたのだ。

 世界はひとりのビジョナリーを失った。彼の訃報を彼自身が生み出した機器でこれだけ多くの人が知ったという事実が、Steveに対する最大の賞賛かもしれない。Steveの妻Laureneとご家族、彼を愛していたすべての人に、Michelleとわたしから哀悼の意を表する。」
------
---ビル・ゲイツ氏------
スティーブ・ジョブズ氏の悲報をうけ、ひどく悲しんでいます。メリンダと私から、彼の家族そして友人の方々、そして彼の功績に関わった全ての人に謹んでお悔やみの言葉を申し上げます。
スティーブと私が初めて会ったのは30年近く前のことでした。それからずっと同士として、競争相手として、そして友人として、人生の半分以上を共に過ごしてきました。
スティーブほどインパクトのある人間が現れるのはそうありません、その影響は多くの世代に受け継がれていくでしょう。
彼と一緒に仕事をする機会があった我々は本当に幸運でした、とても光栄なことでした。スティーブ、君がいなくてとても寂しくなるよ。
http://www.gizmodo.jp/2011/10/post_9464.html
------
---ソフトバンク&孫正義---
とても悲しい。スティーブ・ジョブズは、芸術とテクノロジーを両立させた正に現代の天才だった。数百年後の人々は、彼とレオナルド・ダ・ヴィンチを並び称することであろう。彼の偉業は、永遠に輝き続ける。
http://mb.softbank.jp/mb/customer.html
スポンサーサイト
闘病中だったSteve Jobs氏が亡くなりました。
まだ若いのに残念です。

私は iPhoneユーザーで、Macユーザーです。
Macを使い始めて15年以上になります。
だから、私にとってSteve Jobs氏は伝説の人物です。

彼は既存の技術を組み合わせて、クールで魅力的な製品にまとめ上げることに長けていました。
彼の送りだしたものは、使いやすく、シンプルなのに面白くて、そして、ユーザーの頭脳を刺激するとともに
自然にその能力を引き出してくれるものでした。

「思考の自転車」の名の通りに。

既存の技術の塊でないか?と批判するのは簡単ですが、それによって生まれる効果が違うのです。
機能を詰め込めばいいというものではありません。そこには彼独特のヴィジョンがありました。
そこがまさに「Think different」だったと思います。

若いときに彼は傲慢だったといいますが、それでもその能力は卓越していました。
そして、最近のスタンフォード大学での彼の人生を振り返ったスピーチは感動的ですらあります。

彼は素敵な製品とヴィジョンで私の生活を少し豊かにしてくれました。
ありがとう。そして、お疲れ様でした。

アップルは彼の訃報を次のように伝えてます(原文:英語、訳:私)
-----
Appleは、未来を見通す創造的な天才を失ってしまいました。そして、世界は驚異的な人間を失ってしました。
我々のうち、Steve Jobsを知りともに働く幸運に浴した人々にとっては、親愛なる友であり天啓を与えてくれる指導者を失ったことになります。Steveは、彼だけが築き上げることのできた企業と、永遠にAppleの基礎となる魂を後に残してくれました。
-----
アップルではお悔やみのメールを受け付けています。
rememberingsteve@apple.com


ウルトラマンサーガのHPのことです。
http://www.ultramansaga.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。