上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 特撮シーンやファンタジックなモチーフは素敵でした。

 基本的な構成要素はウルトラマンコスモス「The First Contact」と共通の部分が多く、並べ替えて皮肉もメッセージに盛り込んでリメイクしたということでしょうか?
でも、今回はお話的にはトッ散らかってまとまりに欠けたかも。

 飯島監督の想いとか考えとかは分からなくはないんですが、
「The First Contact」程は心揺さぶられなかったような....

 それに前後編を通してみると、子供の純粋だというのは定番で共通の構図ですが、大人や今の社会は救いがたいという面が特に強調されているように感じました。

 バルタンの本来の姿が人間に近いからさすがに攻撃でない、というのも生理的には理解できないこともないけど、シリーズとしてはどうなんでしょう? 先週の、地球人は宇宙人が友好的だと信じているが、それは危険だというミズキの発言もそうですが、キーフのエピソードを真っ向から否定してません?

 マックスの1話ごとの設定のリセットにはもう慣れましたが、以前のエピソードのテーマまでリセットするとは思いませんでした。まあ、色々な見方があるのがリアルとも言えますが、感覚的にはついていけませんでした。

ごめんなさい。私にはこの話の魅力がよくわかりません。
頭固くなっちゃいましたかね。
また、時間を置いてそのうち見直してみます。

今回はこれでご勘弁ください。m(_ _)m

----
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/133-3fe1ff1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。