上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう終わっちゃいましたね。

定番のウルトラマン復活作戦ですが、盛り上がりました。
復活後のマックスの強いこと。強いこと。
こまかい点で説得力に欠ける点があるとか、
なんとなくティガやガイアやらを思い出してしまうとか、まあ、大目に見ちゃいましょう。
というか、文句言っても最終回だし。

そして、シリーズ当初から宣言されていた「boy meets girl」路線がラストで結実。
ミズキ&カイトさわやかカップルの気持ちを主軸にして物語が展開。
一部のシーンで気恥ずかしい台詞と演技力に...とかはいいません。言うもんか。

そして、2076年のエピローグ。
マックスらしい大風呂敷ともいいますが、
それでも素晴らしいエンディングだったと思います。

星に憧れてパイロットになったミズキと、「いつか遠い未来、俺たち地球人も君たちのように宇宙へ飛び出すだろう。」と言っていたカイトの孫が銀河宇宙に旅立つシーン。
忘れません。

ありがとう。マックス!

追記:脚本家の小中さんのHPのトップにこのエピソードへの想いや執筆の経緯が書かれていました。

ちょっと感動したりうなずいたり。
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/139-38a63588
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。