上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.02 日々の未来
メビウス「日々の未来」を見ました。

今日のエピソードは納得の出来。

なんというか
悲劇、覚悟、決断、思いやり、受け継がれる想いなどがうまく表現されていたと思います。

良いですね。
やっぱ、ウルトラマンはドラマ部分にもグッとくるものが無いといけません。

設定面では、実は第1回から隊長と総監代行にウルトラマンだということが
バレていたとは!驚いちゃいました。
でも、ただ意表をついていたというだけでなく、ちゃんとドラマに活かされていました。

まあ、でも不思議ちゃんことミライらしい展開でもありました。
助けられなかった勇敢な青年の姿を借りて、その親のところに一緒に暮らすことを提案し...しかも、断られたあげく、サコミズさんを紹介してもらっていたなんて。

だけど、レッサーボガールは....
なんだが大口といい、巨大化の仕方といい、なんだか戦隊ものみたい。
ちょっと緊迫感をそいだかも。

ま、いいか。

この水準を維持して欲しいです。正直、今までは喰い足りない話が多かったもので。
村石監督、赤星脚本ともにご苦労様でした。

さて、来週は脚本が太田愛さん3度目の登場。
女史のHPによると「久々に王道を大きくはずれたお話です。」とのことですから、
今度こそ幻想的で泣かせる話を期待したいところ。
そして、監督はアベユーイチさん(ネクサス最終回の監督)!
楽しみ!

-----
追加:重箱の隅。
変身失敗もめずらいしいですよね。

だけど、ウルトラマンエースとか、正体がばれたせいでM78に
帰ったような気がするのですが、「掟」は改正されたのだろうか?

「畳の縁は踏まない」実に教育的。
良い機会なので、この礼儀のいわれを調べてみると、2説あるようです。
1.昔、料理を運ぶときに畳のヘリにつまずいて(室町時代のころの畳は縁が分厚かったそうです)ひっくり返ったりしないように、男は3歩半、女子は4,5歩で畳を渡るように作法化されたという説。
2.畳は一つの結界を構成してて、偉い人の座る畳には、他の人は座らない。縁を踏むとその結界が乱れるという説。
ふ~ん。

だけど、ヒロトの立場だと今回の話、どう思ったのかな。
決死の覚悟→光とともにウルトラマン登場!でも、間に合わず。
ウルトラゾーンでレッサーボガールに襲われ、遺体も残さず死亡?って。


ガンフェニックスのシートのロゴが映りましたね。
RECARD。調べてみたらこれ自動車のシートのメーカ。
フェニックスのはSP-GとかSP-Aってシートじゃないかな?
http://www.auto-acp.com/images/recaro/spg2.jpg
------
追記2:
太田愛さんのHPを見たら本日、土曜日はお誕生日だったそうで。
おめでとうございます。
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/181-0a9bba81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。