上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メビウス「青い火の女」

テッペイの成長譚でした。
テッペイ、男の子してましたね。かっこいいぞ。(って子供扱いしちゃいかんか)
状況設定も緊迫感があって良かったです。
やっぱりウルトラマンは「人間」をしっかり描いていると面白くなると思いました。

映像的には闇に生える炎が奇麗でした。もっと派手にやってもよかったかも。
あと、斉藤麻衣さんも平成ウルトラマンの常連になりつつありますが、
相変わらず御奇麗でした。

ただ、脚本か演出のせいかわかりませんが、
女性の魅力を使ってテッペイを振り回しているようにも
見えてしまいました。
まあ、男の子がくらっと来て、つい頑張ってしまう女性像ということで...
女性の視聴者からみたらどうだったんでしょう?

ちょっとおしかったかな?

今回描かれた超能力、テッペイ曰く「パイロキネシス」。
pyrokimesis=pyro(高温の)+ kinesis(運動の活性化)
psychokinesis(念力)=psych(霊魂、精神、心理)+kinesis(運動の活性化)
からの派生語で、以前から使われえいる超能力の分類だそうです。

日本語では「念力発火能力」でしょうか?

見栄えがする能力なのでよくSFなどに登場します。
古くは「キャリー」、「ファイアースターター」、「バビル二世」、「X-FILES」の「Fire」、「クロスファイア」なんかがありましたね。他にもあるんだろうなあ。
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/193-40bd8479
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。