上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メビウス「オーシャンの勇魚」見ました。
話はものすごく単純だけど、いやあ、かっこいい。板野サーカスもメビウスも勇魚洋も!

大胆で野心的、そしてちょっと軽いが腕は超一流の勇魚洋。強烈な存在感。
仲間との友情の貴重さを知りながら、どこか孤高の雰囲気を漂わせる感じが魅力的でした。

直ぐに友達が出来そうな男なのに、GUYSの隊員達の雰囲気の良さをうらやましそうに見ているのは何故かなと思って見ていたんですが、ラストに疑問が氷塊。オーシャンの隊長さんだったんですね。

もちろん部下には慕われているようでしたが、ラストで部下に「お前等に読まれるようじゃ、隊長は勤まらない」と言うように隊員達と同列でガンガン言い合うわけにもいかないんでしょうね。

特撮も豪快で、アフターバーナーの光を煌めかせながらの海と空を舞台にした高速戦闘は美しいというレベルでしたし、ラストのメビウスもいつになく渋い。

監督:アベ ユーイチ/特技監督:アベ ユーイチ/脚本:太田 愛のコンビで、これほどストレートに燃える話が作られるとは!俳優さんも含め、Good JOB.

追記:
あと、オーシャンの部下がジャパンクルーに敬礼するシーンがありましたが、ここにも非常に細かいこだわりが。彼の敬礼は肘を締めて腕を立てた気味にしていました。これは、狭い艦船上で敬礼することの多い海軍式の敬礼。海軍以外はもう少し肘を外に張るんですよね。海で活動するGUYSオーシャンという設定故の演出でした。(^^;

シーウィンガーのスペシウム弾頭弾は3発一組で名前がトライデント。
トライデント(英語:trident)とは、三叉の矛。あるいはフォークに似た形状の、漁業用の銛(もり)。ギリシア神話の海神ポセイドンが持つ三叉の矛として知られる。オーシャンらしいアレンジでした。こういう細かいこだわりで、楽しんで作っているのが伝わってきますね。

ま、一方で、宇宙から来たのに「超音波で周囲を認識」というのは...
あと、超音速で飛んじゃうと超音波では前が見えませんよね?
(光のないところでは超音波も使って周囲を認識と脳内補完。)

今週の台詞:「一期一会だ。だから今、ともにいる仲間を大切にしな。」
「人生は思っている程、長くはねえんだ。」
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/208-c0a2e1a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。