上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラマンメビウス「不死身のグローザム」を観ました。
ひな祭りだけに女性陣が力を合わせてメビウスを助ける話。
コノミもパイロットとして出動。フジサワ博士も急遽登場。

モロボシダンがコノミを勇気づけ、セブンとなり控えめに、
しかし、格好良く活躍。どっしり構えて後進の指導にあたるベテランといったところ。
ダンとミライの最後の会話のイントロは「遥かな星が~」のフレーズが思い起こされるインストルメンタル。

深い人間描写があるわけでも、豪華な特撮があるわけでもありませんが、
肩の力の抜けた前向きで暖かい感じのするバランスの取れたエピでした。

ミクラスファンやウルトラ兄弟の細かい演出にこだわる方には
不満だろうし、傑作と期待した方にも不満かもしれませんけど....。
まあ、善くも悪くも村石監督らしい手堅い作りだったと思います。

(セブンの最終回やレオのMAC全滅を受けた台詞もありましたが、
なんかさらっとしてましたね。この辺も村石監督っぽい?)

---
それにしても、今回もラストで「ピキーン」(^^;)が来ました。
やっぱり、来るべき決戦に備えてウルトラ側からのアプローチですかね?
それで、いままでになくウルトラ兄弟がアドバイスに来る頻度が
上がっているという設定でしょうか?(しかも、交代で)う~ん、どうだろ?
あんまり自信ないけど、何かの伏線であることは間違いないでしょうね。
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/219-85840ca7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。