上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.31 心からの言葉
ウルトラマンメビウス最終三部作その3を見ました。
少女の「ありがとう」で始まった物語は、ミライとリュウの「ありがとう」で
遂に大団円を迎えました。

友情と絆で奇跡を起こし、地球を救うという決定事項に
如何に1年間を走り通してきた想いを込めるか
というのが最終回の課題でしたが、まあ何とか思ったより良かったと思います。

歴代のウルトラマンに励まされ、
若いGUYSメンバー全員がウルトラマンになるというのも
斬新でしたし、サコミズの想いもゾフィと一体となることで果たせました。

そして、涙の別れ。防衛隊全員に送り出され宇宙へと旅立つメビウス...。
M78星雲光の国と地球の若者たちが互いに絆を結び合い成長した1年。
別れを告げ旅立っていくシーン。
M78星雲シリーズの40周年記念のラストらしい終わり方。

そしてエピローグ、ジョージはサッカー選手に復帰、マリナはバイクレースの表彰台に、
コノミは幼稚園の先生に、テッペイは医者に(小児科医?)、そして
リュウはGUYSの隊長に(ラストの制服の襟が隊長色の白になってましたもんね)と
自分たちが守り抜いた地球で、それぞれの夢を叶えた姿は、
大団円と言うに相応しいと思いました。

webメビナビ携帯版より
「最後の戦いを終え、ジョージやテッペイも、マリナやコノミも、
もとの生活に戻って自分の夢を追いかけ始めた。
一人残ったリュウのユニフォームは、襟が白い指揮官仕様。
リュウは、セリザワ、サコミズの後を継いで、GUYSの新隊長になったんだ。
彼のその後の活躍も、いつかどこかで語られるだろう。
共に戦う新たなクルーは、そう、キミかもしれない!」
だそうです。

ドラマ的にも多少、突っ込みどころはありますが、勢いで押し切ったのでまあまあ満足かな。

設定的にも、
ファイナルメテオールがスペシウム増幅装置(スペシウム・リダブライザー)というのは何だかな、
とは思いますが(鍵かけて封印するようなものでもないんじゃないかな?)、
負荷に耐えかねてボロボロになりながら高出力を出すところは映像的にはOKだったし、
人間の作ったもの、人間の想い、ウルトラマンが力を合わせることによって
皇帝を倒すという意図はよかったと思います。
皇帝が棒立ちで光線をよけずにいた理由がわからなかったりしますが、
この際、大目にみましょう。
他にもシリーズ通して色々ないわけではないですが、もういいや。
今は余韻に浸りたいと思います。

さようなら、ウルトラマンメビウスそしてウルトラ兄弟。
また、いずれ何処かで....
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/223-b8fc35db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。