上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.17 異常震域
新潟中越地震が大きな被害を出しているようで、被災地の皆様にはお見舞い申し上げます。

これとは別に、16日23時18分頃 京都府沖 M6.6の地震もありました。
その震度分布がこんな感じ
地図上では、なんと震源から遠い方が震度が大きい。
はじめ、自分の目を疑ってしまいましたが、これ、異常震域といってよくある現象だそうです。

今回の異常震域はプレート型のようです。日本列島は概ねユーラシアプレートの上に乗っていて、その下に太平洋から来た太平洋プレートが潜り込んでいます。だから、京都府沖の海底をどんどん地下に降りていくと、ユーラシアプレートの下には太平洋プレートの先端があります。ここが今回の震源。

地震波はそのまま太平洋プレートの中を伝わって、地上に出た所が日本列島の関東から北海道の太平洋岸だったので、ここの揺れが大きくなったということのようです。

絵で描いてあると分かりやすいので、こちらのサイトにあるこの絵を参考にされるといいかも。

ちょっと驚きました。
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/240-c299472c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。