上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラマンダイナ

◆ 第11話「幻の遊星」

脚本/川上英幸、特技監督/原田昌樹、監督/原田昌樹.
------------------------------------------------------

満足度: ★★

鑑賞メモ

 ハネジロー登場の回.

 特別どうという話ではないと思いますが、ハネジローのかわいらしさにやられてしましました.仕草と「ぱむぱむ」という声がキュート.

 ナカジマの遊星探検時のびびり具合がおもしろい.しかし、他のS-GUTSの面々の方が大胆と言うべきかも.GUTSのメンバーなら簡単にヘルメット外したかどうか...他にもリョウのカリヤへのパンチなど(殴られて当然!),コミカルな見所が楽しい.コミカルなキャラクターを登場させると川上脚本は俄然面白くなりますね.

 余計なこと言って殴られたとはいえ,カリヤはいつもどおり冷静沈着.探検を続けるうちに、1.盛んに鳥の声が聞こえるのに姿が全く見えない.2.緑が豊富な環境なのに虫が一匹も見つからない.などの点に気付きます.別に遊星が地球と同じ必要はないけど,観察力はさすがです.

あらすじ

主人公:アスカ、ハネジロー

 ホログラムや幻覚性のガスで幻の自然環境を訪問者を見せておびき寄せ、生体兵器怪獣の餌食にする遊星が太陽系内に侵入.探検に向かったS-GUTSは,そこで珍獣宇宙生物(ハネジロー)に出会う.その生物から遊星の正体を教えられたS-GUTS&ダイナたちは、怪獣を撃滅.崩壊する惑星から珍獣宇宙生物を保護し、脱出に成功する.珍獣宇宙生物はアスカにより「ハネジロー」と命名される.

今回の印象に残った台詞

---------------------------------
リョウ「あ~!きれいな花.水仙に似てるけど地球にはない植物かなあ?」
カリヤ唖然として見つめている.
リョウ「なによ?サンプルの採取も重要な仕事でしょ?」
カリヤ「いやあ,そうじゃなくてさ.」
リョウ「なによ?」
カリヤ「花を摘んだりするのがこんなに似合わない女もいるもんだなって思って...」
リョウ、問答無用でげんこつパンチ!
---------------------------------
ナカジマ「あ、アスカ.いいか?科学的かつ物理的かつ統計学的に言ってもな、あのう,こういう場所には行ってはいけないってことになって...おまえ,聞いてんのか先輩の話を...」
探知機が鳴る
ナカジマ「あ、あ,行っちゃいけない反応が出ている.あ,あ,」
---------------------------------

重箱の隅

 大きさが月の3分の1なのに重力は1G.余程密度が高いのか人工重力も発生させているか...重力といい,大気の成分といい,植生といい,地球の温帯地方にそっくりということは,訪問者の思考をスキャンしてバーチャル環境を構築しているのか?

 ダイナがハネジローを救出する時にそっと手でつつむシーンが繊細でお気に入りです.



Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/27-ea76ea63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。