上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらこちら、あるいはこちらのニュースによると、
他人が見ている世界を脳からの信号を解読して映像化することができた。

ほとんどSFの世界ですが、ホントに現実に成功したようです。

脳の血流パターンを核磁気共鳴で読み取り、
あらかじめ学習させた解読プログラムで翻訳、
その人が見ている文字や図形をディスプレイ上に再現するとのこと。

まだ、ノイズが多いですが、その人が何を見ているかはちゃんと分かります。
プログラムが学習した時とは違う文字を見ていても問題なく解読可能。

考えていることを機械で読み取ることも将来できるようになるかも!
これはすごい。何れ、他人の夢を覗けるかもしれませんよ。

あと、面白いのは、
脳の中で認識がどのように生まれるかとかのメカニズムの解明をすっとばして、この図形を見ているときには脳のこの部分の血流が増える。別の図形では別の場所の血流が増える。と、経験則を学習して行って、最後には、この血流パターンならこんな形の図形だと推定すると辻褄があう。という答え合わせの学習方式ということ。

意識や認識のメカニズムは謎のままでもここまで出来るんですね。
そこで得られた経験則を調べ直すことで、逆に脳の理解が進むかもしれません。

この分野にはあまり詳しくないんですが、20年後にはノーベル賞?
いや、そんなのどうでもいいくらい革命的にも思えます。夢が膨らみます。
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/288-be65776b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。