上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恐ろしいことに気がつけば今年ももう12分の1が終わり,既に2月である.年末は年末で忙しかったし,我が業界(何の業界かは言わない)は1月から2月頭は年末以上に切羽詰まることになっているのでなおさら,光陰如箭 日月如梭である.

注:光=日(太陽),陰=月,箭=矢 (光陰如箭=光陰矢の如し)
日月=時間、梭(ひ)=機織りの時にめまぐるしく動かす道具(日月如梭=日月,梭の如し)

光陰ってのは時間のことだけど,光と陰なんて字を当てるとは如何にも速そうだよなあ、などと子供の頃は無邪気に思っていたのであった.よく考えてみれば,光の方が矢なんかより圧倒的に速いので喩えとしてはちぐはぐなのだが,当時は陰陽思想などは知りもしなかったので致し方のないところであろう.

切羽詰まって来ると、昨日に戻って仕事したいとか思ったりする.いくら思ったところで「昨日」なんて場所はないので行くことはできないし,もし時間を戻せても「因果律」やら「タイムパラドックス」が待ち受けていて却って事態がややこしいことになりかねない.

ところが,世の中にはワームホールを上手に使えばタイムトンネルを作れるんじゃないかという論文もあるとのこと.じゃあ過去に戻れるのか....?

残念ながら,現在の人類の技術ではワープやワームホールに必要な「時空の歪み」を作り出す方法がさっぱり判らんので、いつになったら実験できるか皆目見当がつかない.そんなものを待っているうちに仕事の〆切は過ぎてしまうのであった.

あるいは光速を平気で突破しているウルトラマンなら答えを知っているかもしれないが,我々人類がそのレベルに達するのは,遠い遠い子孫の代だろう.願わくば人類が滅んでしまう前に宇宙の広大な時空をまたにかけるようになって欲しいものである.

今の我々にできることは、人類の永々たる営みの中で明日を夢見ながら迫り来る〆切を守ることだけなのである.あ、〆切守れてないか....とほほ.

(註)この記事は、以前、某ウルトラ系BBSに投稿した記事のネタを焼き直したものです.すいません.新ネタを考えている時間がなかったんです.
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/4-93adb372
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。