上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下のエントリー読むには長過ぎるので短縮バージョンをつくりました.

第19話「夢幻の鳥」

脚本/武上純希,特技監督/原田昌樹,監督/原田昌樹.
------------------------------------------------------

満足度: ★★★-

鑑賞メモ

 人間や運命は前に進んでいるのではなく,ただ同じことを繰り返しているだけではないのか?そんなシンジョウマユミに対して,持ち前のバイタリティと信念を示して勇気づけようとするアスカが印象的.そして最後の黒いロングコートを着て歩み去るマユミの姿がなんだかカッコいい終わり方.

 ドラマの方は,前向きな姿を見せることで周囲を勇気づけるという王道的なストーリー...などと書こうかと思ったんですけど.むしろ,単にタクマの霊魂が再び出現して2度目の悲劇を防いだことが大きいかも.

 だけど,マユミも最最後まで傍観者だし....

 もう一つの見所といえば,後半部分.マイクロ波発電所跡地に姑獲鳥が現れてからの展開が,カット割りも含めてティガ15話「幻の疾走」をなぞるような形になっている所.「時間は前へ進むんじゃなくてぐるぐる回っているだけ」ということを不気味に暗示しています.

あらすじ

主人公:シンジョウ・マユミ

 また悲劇が訪れる...不吉な予言とともにプラズマ生命体・姑獲鳥が,日本に向かう.マユミは,かつてのカゾートに襲われ恋人タクマを亡くした悲劇が繰り返されることにならないかと悲観的になる.姑獲鳥の放った雷撃による爆発に巻き込まれるハルチカ.運命に立ち向かうように変身するアスカ.

今回の印象に残った台詞

---------------------------------
マユミ「時間はね.前へ進むんじゃなくてぐるぐる回っているだけだって聞いたことがある.だから,歴史の悲劇も繰り返されるんだって.」
アスカ「でもお,ぐるぐる回ってるみたいで螺旋階段は前より高いところに登っているじゃないですか.昨日よりも今日は良くなっているはずです.例え少しずつでも.」
---------------------------------
アスカ「おれ,絶対歴史を変えてみせます.」
---------------------------------
ハルチカ「まさか,兄貴が...」
マイ「いいえ,きっとお兄さんよ.きっといつか誰かが説明してくれると思う.魂はプラズマだとかなんだかとか.でも,今はそんな事どうでもいいの.」
---------------------------------
マユミ「歴史は繰り返す.でも,少しずつ,歴史はいい方向に変わっていくのかも.」
---------------------------------

重箱の隅

Mourning Process

 余談ですが,深い喪失感から精神的に立ち直る過程を心理学的に研究している人達がいます.そんな人の一人,J. Bowlbyによれば,

  1. 麻痺(Numbing):衝撃が大きすぎて何も感じない状態
  2. 抗議(Protest):涕泣,怒り,非難,失望,故人を思慕する強い衝動の時期
  3. 絶望(Despair):空虚感,不安や絶望を感じる段階
  4. 離脱(Detachment):故人との関係を内在化しつつ立ち直る時期
という過程を経ることが多いとか.

 ただ,マユミの場合,ティガ劇場版なかでは明るさを取り戻しヤズミといい雰囲気だったのに,その後の「夢幻の鳥」では亡きタクマの写真が飾ってあったりして統一的な解釈が難しいです.

行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず

 「歴史は繰り返す」は,調べてみると古代ギリシアの偉大な歴史家ツキジデスの言葉であるとか.「循環史観」というそうです.もちろん悲劇だけが繰り返されるわけではありません.

 これに対する言葉は「直線史観」とか「発展史観」あるいは「救済史観」です.背景には,西欧キリスト教的「神の摂理」や「理性」への信頼感があるのだそうです.まあ,ダイナの時代の気分は「ネオフロンティアスピリッツ」であり,広い意味での「発展史観」なんでしょう.いや,「何か何でも発展させてやる史観」というべきか(笑).

永劫回帰

 また,今回のエピソードの,過去の出来事がそっくりリピートされるという呪縛にも似た展開はニーチェのいう「永劫回帰」と「ニヒリズム」にも似ています.ニーチェ曰く,

『今のこの瞬間も、私自身も。存在の永遠の砂時計は、そしてその中の砂粒にすぎないお前も、何度も繰り返しひっくり返されるのだ。』?君は地に身を投げ出し、歯軋りをして、こう語ったデーモンを呪わないだろうか?
だそうです.(私は啓蒙書しか読んだことがなく孫引きです.)ただし,物理的には宇宙全体をひとつの系として見た場合に必ず永劫回帰するかどうかは自明ではありません.まあ,一種の比喩として捉えるべきでしょう.ニーチェの克服の仕方はアスカとは少し違うみたいですよ.

姑獲鳥の悲劇

 それにしても姑獲鳥は,かつてのカゾートIIと同じようなプロセスで退治されてしまいました.怪獣側からすれば退治されてしまうこと自体が「悲劇」なわけで,姑獲鳥はカゾートIIと全く同じ轍を踏んで「悲劇を繰り返して」しまったわけです.お気の毒...合掌.

姑獲鳥の悲劇II

 今回登場の姑獲鳥.我々の世界では元々は中国の伝説で,

能ク人ノ魂魄ヲ収ム。荊州多クコレアリ、毛ヲ衣テ飛鳥トナリ、毛抜ケテ女人トナル。コレ、産婦ノ死後化セルモノ。 故ニ胸ノ前ニ両乳アリ。喜ンデ人ノ子ヲ補リ養ッテ己ノ子トナス。 『本草綱目』
なぜ今回の怪獣を姑獲鳥にしたのかちょっと不思議...

シュードタキライト

 姑獲鳥実在の物証となったシュードタキライト.ナカジマによれば「地震で岩盤がずれるとき摩擦熱でできる「地震の化石」と言われる石なんですが,これがそうなんですが,これがα号の機体に...怪獣は地震で起こる電気エネルギーを吸うためにこの「地震の化石」を身につけてしまった.」というのが劇中の説明でした.このシュードタキライト,我々の世界にも実在します.

 電磁気・地球惑星圏学会 181号 会 報 (2003年12月15日 )の中村博士の記事によれば,

 発見当初"タキライト"とよばれる火山岩に似て非なるものだったためシュード (擬似)タキライトと名づけられました。その後の研究で、地震や隕石衝突時の剪断摩擦発熱によって岩石が熔けて急冷した際に形成されることが示され、"地震の化石"ともいわれています。つまり地球磁場環境の中で熔融急冷する点で、 シュードタキライトは古地磁気学でしばしば用いられる"溶岩"と同様に、熱残留磁化を獲得しているのです。したがって、巨大地震や隕石衝突によって形成されたシュードタキライトの残留磁化は当時の地球磁場だけでなく、地震時や隕石衝突時の瞬間的な高磁場(理論的には数ミリテスラにも達するといわれている)をも記録している可能性があり、地球電磁気・地球惑星圏学会と地質学・地震学とも関連してきます。事実、野島断層沿いのシュードタキライトは周りの岩石に比べると異常な残留磁化を示していて、このことから地震時に高電流が生成したとする仮説が提唱されています。(下線は筆者が引きました.)
ということだそうです.細かい部分はともかく,キーワードは概ね一致していますね.こちらはよく調べられていたようです.

隊員宿舎

 警報直後に既に制服を着ているカリヤ.アスカはカリヤと相部屋でした.「うたかたの空夢」では個室になっていたので,部屋割りが途中で変わった?それともあれは宿直室?他のS-GUTSの皆さんはどうなのでしょう?

プレゼント

 ハルチカの為に山のようなプレゼントを用意したマイ.以前,S-GUTSのお給料じゃ松茸も満足に食べられないと言っていたのに,えらい物量作戦.

 それにしても基地内でプレゼントの入った鞄を引きずるマイ.服の胸元が大きく開いているので,前屈みになられると目のやり場に困ります.

Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/40-22536a12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。