上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやくマックス9話を見た.

毎週、ウルトラマンを見れるのは幸せです.
スタッフの皆様にも感謝....
では、ありますが、ウルトラマンマックス、見応えのあるドラマという点ではどうもしっくりこない.

今回も映像や雰囲気は悪くなかったが、何が言いたいのかよく判らない.
あの演出だと「温泉&ホテル」=「悪」に見えてしまった.
(ああいう表現だと、温泉宿で働く人に失礼なんじゃないかな.)

温泉で英気を養うのは日本古来の文化なんだし、なぜあの温泉宿建設推進派が否定されなきゃいけないかもっとちゃんと描いて欲しかった.

本来なら、「温泉&ホテル」なんかとは別に、
目先のことしか考えず、傲慢で不思慮で逆しまな人間の心の有り様が神様(ナツノメリュウ)の逆鱗に触れるというテーマが自然だと思うんですが...(少なくともゴジラ以来の怪獣ものの王道ですよね?)
でも、今回の話はそうは見えず、温泉&ホテルの建設は自然破壊だから一切いかんようにみえてしまう.祠をもっと神聖で大事なものであるように表現するとか、温泉宿建設推進派の人格がもっと利己的で極悪非道だとか何でも良いからもう少し工夫のしようがなかったんでしょうか?

いや、別のテーマでも良いんだが、作り手の「心から伝えたいこと」が全然見えてこない
のがとても寂しい.(私の読解力がないせいだったらごめんなさい.)

色んな意味で、頑張って、ウルトラマンマックス!

ーーーー追記ーーーー
脚本家/小林雄次さんの ブログによれば、
「村の産廃処理場によって汚染された湖水の影響で、
死に追いやられた少女が、人間たちに復讐するという話。」
だったそうです.でも、複雑で処理不能なので単純明快さわやかファンタジーに集約させたとか.

さわやかファンタジーなテイストは大好きだが、上にも書いたように私には「作者の心から伝えたいこと」が分からない難解な作品となっている.
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/84-f29da92f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。