上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラマンダイナ

◆ 第45話「チュラサの涙」

脚本/上原正三,特技監督/高野敏幸,監督/高野敏幸.
------------------------------------------------------

満足度: ★

鑑賞メモ

 上原正三さんがミヤタ参謀役の円谷浩さんのために書いたという脚本だそうです.10年の時を越えた悲恋が描かれていましたが、それっぽい状況が盛り込まれている割には残念ながらぐっと来るものはありませんでした.残念です.

あらすじ

 ミヤタ参謀はかつてネオマキシマ航法のテスト中に行方不明になり、謎の惑星ギガール星に漂着したことがある.そこで、怪獣トロンガーに襲われたところをギガール星人の女性戦士チュラサに救われていた.それから10年、トロンガーは復讐のため地球に現れる.再生能力に優れたトロンガーに対してS-GUTSの攻撃は無力だった.その直後、ギガール星から宇宙船が飛来.チュラサのホログラムはミヤタにチュラサ愛用の銃と「チュラサの涙」という鉱石を授ける.チュラサは既に復讐に燃えるトロンガーの手に掛かっていたのだ.ミヤタは愛するチュラサの形見の銃を手にトロンガーとの対決に向かう.

今回の印象に残った台詞

特になし

重箱の隅

---------------------------------
ミヤタ「はい、新型機のネオマキシマ航法のテストに行ったんです.」
---------------------------------

 GUTSウィング1号ベースの機体でしたね.十年前っていうと、ティガの時代か、その直後にあたります.一方、マキシマ・オーバードライブのエンジンが小型機であるスノーホワイトに搭載されてテストしていたのが、ティガの29話でした.そして、それが実戦投入されたのがティガ50話.その直後にプレFTL(Faster than Light)航法であるネオマキシマ航法のテストに突入していたことになります.そして、年代的に見てそれと同時期に平行してゼロドライブ航法の実験もアスカ・カズマたちのグループによって進められていたようです.そして、どちらのプロジェクトもテストパイロットが実験中に行方不明になっているわけです.これって偶然なんでしょうか?


Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/97-e16d9fa8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。