上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.15 ラジャー
 旅先(出張)+寝不足なのでマックスは見れませんでした.
感想はそのうち...
ネットを覗くと爆笑(or 悪のり)の回だったようですね.

 んで、せっかく覗きに来てくれた人には申し訳ないので何か書きます.
ネットで調べたことですがおつきあいのほどを.
(そのうち、自分のホームページに載せることにしよう.)

お題はウルトラマンダイナでS-GUTSの合い言葉、「ラジャー」.

 皆さんもご存知のように「了解」の意味で、
英語では「Roger」と書くが、実はこれは単に「R」だけが意味があるそうだ.

 無線などの聞き取りにくい環境では、Phonetic Alphabet (communications code word)といって「ベーカーのB」とか「ドッグのD」とか言って聞き間違いを防止するやり方を使います.

 古いフォネティックコードで「R」は「Roger」なのです.
(現行のフォネティックコードで「R」は「Romeo」)

 じゃあ、なんで「R」なのかと言うのかというと、
これは「Recieved(ちゃんと受信できましたよん)」の略なんですって.

 1930年代後半の英国空軍のパイロットが「Roger」を「受信できました」の意味で使い始めたのが世界中に広まったそうです.交信記録などではrgrと略されているのも見かけることができます.

 フォネティックコードではないけれど、同じ意味に「Copied」とか「I copy that」とかも使うようです.

 「指示に従います」は別にウィルコ「wilco (= I will comply.)」という言葉があります.宇宙飛行士の交信では「Roger」、「copy」、「wilco」などがチャンポンで使われていますね.

などと調べていたら、通信対戦型の一部のゲームのプレイヤーにとっては常識だそうです.なるほどねえ.

 こちらのページをみると、ぶっきらぼうに「Roger」というと「うるさいなあ」というようなニュアンスになるみたいですね(^^;)
 
 ちなみに聞き取りにくい無線環境では「テンコード」も使われます.(いまでは航空関係や軍隊では使わないみたいですが、米国の郡警察や消防局では使うのだとか.)この「テンコード」では了解では「10-4」だそうです.「10-15」はありがとう.「10-20?」は「今どこ?」,「10-10」交信終了.携帯電話などで入力が面倒くさいときには便利かもしれません.通じればですが.
Secret

TrackBackURL
→http://urooboe.blog4.fc2.com/tb.php/99-eec3feec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。